脱毛初心者の光脱毛の注意点!(ヒゲ脱毛で比較するなら必見)

 

ヒゲ脱毛 初めて

脱毛サロンのいろいろな広告を見ていると、すぐにでも脱毛できるかのように思えるものがあります。

 

でも多くの脱毛サロンで採用されている光脱毛には注意点があります。

 

脱毛初心者の人がおさえておきたい光脱毛の注意点について紹介します。

 

同じ光脱毛でもヒゲに効く脱毛とヒゲに効かない脱毛がある?

 

メンズ脱毛にはいろいろな方法があります。ニードル脱毛やレーザー脱毛、そして光脱毛です。

 

このうちレーザー脱毛は医療機関でしか扱えません。

 

そしてニードル脱毛はダンディハウスやメンズTBCが主な取扱店舗で、多くの脱毛サロンは光脱毛を採用しています。

 

その光脱毛ですが、特徴として痛みがないことや料金が安いことがあげられます。

光脱毛

でもその半面、他の脱毛方法と比べると効果が比較的弱いといえます。基本的に光脱毛はレーザー脱毛と仕組みが同じですが、出力が弱いためです。

 

使っている光脱毛機のパワーが弱いと、すぐに効果は期待できません。特にヒゲは体毛と比べて太く毛根もしっかりしているので、力不足の脱毛機を使う場合はなおさらです。

 

基本的に、光脱毛はレーザー脱毛と比べると通う回数が多くなります。

 

一方レーザー機器ほど強くはないにしても、ある程度の出力を持った光脱毛機を使えばヒゲ脱毛の効果はもちろん感じられます。これから脱毛を始めたいという脱毛初心者の人は、こうした光脱毛の注意点をおさえておくと良いでしょう。

 

男性専用オリジナル脱毛機と一般の脱毛機の違いは?

 

光脱毛機の中には男女兼用の脱毛機もあります。しかしこうした機械の問題点は、男女の毛質の違いが十分にはカバーできないということです。

 

一般に男性の毛の方が女性の毛より濃くて太いです。ヒゲになると男女の差はさらに広がりますね。女性はヒゲが生えないわけではありませんが、通常男性のような太いヒゲはありません。ですから女性対応だとしている脱毛機をそのまま男性に使用しても効果はあやしくなります。

 

しかし男性専用オリジナル脱毛機であれば、太くて濃い男性の毛に特化できるので効果が高くなります。

 

リンクス イノベーション

 

脱毛サロン大手のリンクスではこの点、日本初の男性専用脱毛機「イノベーション」を開発して、太くて濃い毛に対してもより効果的なアプローチをできるようにしています。

 

国産の機械というのもメリットです。毛が硬い、柔らかめといった毛質の違いが民族によってありますが、イノベーションは日本人男性向けに開発されているので、よりスペシャルな対応ができるようになっています。

 

施術するスタッフが判断する出力について

 

リンクスの男性専用脱毛機イノベーションは、一人ひとりの毛質や肌質に合わせたパーソナル設定が可能な脱毛機です。

 

リンクス イノベーション

 

同じ男性でもヒゲには個人差がありますから、一定の光しか出せない脱毛機ではなく、微調整が可能な脱毛機を使うほうがより効果的です。

 

リンクスでは脱毛技能士がそうした個人差を調べた上で、最適な光を選んでくれます。イノベーションは12段階の調節を細かく設定できるので、ムダ毛が濃い人薄い人、ヒゲだけでなく体毛も脱毛したい人などそれぞれのニーズに合わせて調節できるのがいいですね。出力調整で細い産毛を脱毛することも可能です。

 

光脱毛といっても、どこのサロンでもすべて同じ機械を使うわけではありません。出力の違いがあるので、ヒゲのようにムダ毛の中でも太く濃い部位の脱毛にはある程度の出力がないと、高い効果はのぞめません。

 

脱毛初心者はこうした光脱毛の注意点を意識する必要があります。
この点、リンクスでは男性専用オリジナル脱毛機を採用していて、太くて濃くて硬い日本人男性のヒゲに特化した脱毛を意識しています。細かな出力設定が可能なので、毛質の個人差をよく考えたパーソナルな施術ができるのがいいですね。

 

リンクスのヒゲ脱毛効果は?肌が弱い私と髭が濃いN君の体験

 

リンクスのヒゲ脱毛レポ|1回目から10回目施術の口コミ

 

20代から30代のヒゲ脱毛の注意!青ひげになる可能性は?

 

最近は、髭(ヒゲ)脱毛するのはエチケットとして当たり前!のように感じていませんか?見た目重視でどうしても第一印象でイメージを決められるような仕事だと、身だしなみは重要で、ヒゲの濃い人は無精ひげにみられるので要注意ですね。

 

青ひげになる可能性

髭(ヒゲ)が濃い人は剃っても青ひげになりやすいし、肌の弱い人はひげ剃りをすることで、肌が荒れやすくなります。ヒゲ脱毛は、いろんな意味で、これからの男性には必須アイテムになってくるでしょう。

 

さらに、髭(ヒゲ)の薄い人のほうが好きという女性が全体の85%もいます。やはり女性にモテるためにも、ひげが薄いかヒゲが全くないツルツルのほうが、女性にも好条件なわけです。

 

ただ、髭(ヒゲ)脱毛するのに適した年齢って何歳だろうと思いませんか?

 

成人した男性であれば、何歳でもOKで特に年齢を気にすることなくひげ脱毛をしても大丈夫です。

 

ただ20代前半の年齢の人は、ひげ脱毛をしたとしても脱毛完了後にまたひげが生えてくる可能性があります。

 

それは、新陳代謝が活発な年齢で、ひげの成長に関係が深い男性ホルモンの分泌も安定しない時期だからです。そんな状況のなかで、ひげ脱毛をしたとしても、再び生えてくる可能性が高いので、脱毛完了後も安くできるサービスがあるサロンを選んだり、時期をみたりして吟味するのも大事ですね。

 

理想は、25歳以降で髭(ヒゲ)脱毛をするのいいでしょう。

 

40代からのヒゲ脱毛が難しくなる理由

 

では、40代50代の男性ならどうでしょうか?

 

白髪の脱毛

40代-50代になるとひげの中に白いひげが増えてきます。ひげの脱毛方法で一般的なものは、光脱毛とレーザー脱毛で、とちらもひげの黒い色素に反応して脱毛が行われます。

 

光脱毛やレーザー脱毛では、色素のついていない白いひげはうまく脱毛することができません。電気脱毛なら白髪の脱毛もできますが、白髪の量が多いとそれなりに費用がかかります。

 

白髪ヒゲの永久脱毛

 

そういう意味で考えると、ひげ脱毛に適した年齢は、25歳以降から30代くらいが理想といえますね!

 

しかし、30代になったとたん、ひげが伸びるのが早くなった、また濃くなったと感じる男性も結構多いです。それは男性ホルモンの分泌がピークに近づいて、ヒゲの生える量や伸びる長さが増してくるからです。

 

また、今まで活動していなかった毛穴からも毛が生えたり、毛が生えていた毛穴はさらに活性化します。

 

平均的には20代〜30代が一番ひげが伸びだす時期ですが、1日1回で済んでいたヒゲ剃りが2〜3回に増えたり、青ひげが目立つようになったりする場合は、男性ホルモンの分泌が多くなっているからと考えていいでしょう。

 

体に関することではありますが、男性ホルモンは過度なストレスがかかると、余計に活発になるため、不規則な生活や睡眠不足がある人は、生活改善も考えたほうがいいでしょう。

 

20代で既に、こんな症状がある人は30代になったらもっと強くなり、青ひげになる確率は高いので、規則正しい生活にしたり、早い時期からヒゲ脱毛を始めてもいいかもしれません。

 

ヒゲが濃くなるとヒゲ剃りに費やす時間や労力も多くなるし、髭剃りの頻度が多くなれば、肌も弱りやすくなるので、ひげ脱毛は、毛深い人は25歳前後からすぐに始めるのがいいかもしれません。

 

安くて始めやすいヒゲ脱毛ランキング

脱毛初心者の光脱毛の注意点!(ヒゲ脱毛で比較するなら必見)記事一覧

サロンやクリニックで脱毛契約をしたものの、あとになってやめたくなることもありますよね。脱毛が始まってから、やっぱり自分には合っていないと感じたり、痛みが気になって嫌になるという人も意外にたくさんいるのだそうです。脱毛の途中解約の方法と注意点をまとめてみました。脱毛契約を結んでからやめたくなった時や、「これから始めるけど途中で解約できるのかな?」と、気になったら是非チェックしてくださいね。脱毛契約で...

一定期間に通いたい放題の回数無制限プランのヒゲ脱毛だったり、回数指定はあるけど期間は限定されていないヒゲ脱毛のプランも結構混む傾向なので、オンシーズン(春〜夏)はなかなか予約がとりにくいのです。どうしても、通いたい放題のヒゲ脱毛プランで、予約が取りにくいというトラブルはよく発生するようですので、しっかりはじめのうちに確認しておく必要があります。なかには、予約が思ったように取れずに、1年のうちに5回...