髭剃り負けの治療は炎症したらすぐ早めの治療がベスト!カミソリ負けの注意

髭剃り負け

髭剃り負けは肌が弱いと頻繁におこり、癖になってしまい、いつもどこかに傷跡が残ってしまうような顔になったりしていませんか?

 

カミソリで髭剃りしているとどうしても炎症を起こしやすく、顔に傷がついてしまうことがあります。自分でできるカミソリ負けの対処法について紹介します。

 

 

髭脱毛口コミ

 

髭剃り負け治療!髭剃りで炎症したら冷やす!

 

カミソリ負けで冷やす

カミソリを使って髭剃りをしたりすると、細かなキズが顔についてそこに細菌が入り、炎症を引き起こしてしまう事があります。ではもし炎症が起きたらどうしたらよいでしょうか?

 

まず大事なのは患部を余計に刺激しない事です。

 

かゆみが生じてもそこを引っ掻かないようにしましょう。冷水などを使って肌を清潔な状態にキープする事も大事です。幹部が冷たくなればかゆみを軽くなるので、それまではなるべく触らずにしておくのが良いです。

 

髭剃り負け治療!髭剃り負けで炎症したらオロナイン軟膏♪

 

オロナイン

では炎症が起きた時にどんな薬を使ったら良いでしょうか?

 

良く効果があるとされているのはあの「オロナインH軟膏」です。オロナインは家庭の常備薬としてどの家庭にもたいていあるのですぐに対処ができるのが良い点です。

 

オロナインは殺菌効果のある「グルコン酸クロルヘキシジン」や血を止める役割のある「ラウロマクロゴール」という成分が含まれているので、炎症には良い効果があります。

 

毛嚢炎

薬に関しては一つ注意点があります。カミソリ負けでできる炎症には、「毛嚢炎」という症状があります。

 

毛嚢炎は「ブドウ球菌」によって引き起こされる炎症ですが、実は見た目がニキビとよく似ているので、これをニキビと勘違いしてニキビ用の薬を使う可能性があります。

 

しかしニキビはニキビ菌が原因です。このタイプの薬には脂を除去する効果のある硫黄が配合されている場合があります。

 

ニキビにはいいとしても、毛嚢炎には良くありません。肌が乾燥して肌荒れになりやすいからです。オロナインはニキビにも効果があるので、どっちか迷った場合はオロナインにしておくと無難です。

 

髭剃り負け治療!髭剃り負けでできる炎症性色素沈着とは?

 

髭剃りによる肌トラブルには、炎症だけでなく、「炎症性色素沈着」というものもあります。カミソリ負けをして肌が刺激を受けると、体は「メラニン」という物質を作って肌を守ろうとします。

 

色素沈着しない

しかしこのメラニンがそのまま色素沈着してしまって茶色っぽい色になってしまうのがこの炎症性色素沈着です。ただこうなってしまってはあせる必要はありません。一般的に色素沈着は肌の表皮の再生(「ターンオーバー」)が通常どおりに進んでいれば薄らいでいくからです。

 

この再生をスムーズにするには、良い睡眠とバランスの良い食事、そして軽い運動などが有効です。いわゆる規則的な生活ですね。これで対処しましょう。

 

もしカミソリ負けが続くようなら、電動シェーバーを使ったり、しっかし温かい蒸しタオルでひげをやわらかくするなど工夫して髭剃りをするのが重要です。

髭剃りで炎症の治療法!カミソリ負けの注意記事一覧

いつもヒゲ剃り負けをしやすい人で考えられる原因は3つの理由があります。髭の剃り方法とヒゲソリの準備不足ストレスなどによる肌の乾燥や肌荒れが既にあるアトピー肌など根本的な肌の問題以上の3つの中に当てはまる原因があるので、その中であてはまっているものから改善すれば、カミソリ負けがしにくい肌になれるかもしれません!まずは、1について紹介しますので、是非参考にしてください。正しい髭の剃り方法とヒゲソリの準...

髭剃りに欠かせないのがシェーバーです。T字カミソリよりも簡単にひげそりができるので楽なわけですが、お手入れをしっかりしないと肌ダメージを与える原因にもなってしまいます。電気シェーバーの手入れ方法についてレクチャーします!ひげそりがそれない?うるさい、その原因は?電気シェーバーは気になるひげの部位に当てるだけでサッとひげそりしてくれるのでとても便利ですよね。でもなかなか思う様に剃れないと感じている人...

髭剃りをするとき、カミソリと電気シェーバーのどちらを使っていますか?なんとなく選んでしまいがちな髭剃りの道具ですが、実はカミソリと電気シェーバーにはそれぞれメリットデメリットがあるのです。カミソリと電気シェーバーの特徴を知っておけば、自分の肌や生活に合った道具選びに役立ちますよ。カミソリのメリットデメリットカミソリの特徴として、コンビニや薬局でも手軽に手に入れることのできるのが髭剃り用のT字カミソ...

毎日の髭剃り、面倒臭いですよね。髭が濃くて剛毛ともなると髭剃りがしづらくて、毎日時間も手間もかかってしまいますね。でも、もしかしたらその手間は、体質に合っていない髭剃りの道具を使っているために起こっているのかも知れませんよ。自分の体質に合った道具を選ばないと、肌が弱い人は剃り跡がすぐに真っ赤になって、肌荒れを起こしてしまいます。自分に合った髭剃りの道具を使っているかどうか、まずははチェックしておき...

朝きれいに髭剃りしたはずなのに、夕方には髭が伸びてしまっていることってありませんか?髭が伸びるスピードは人によって様々ですが、早い人だと一日に2回も3回も髭剃りしなければなりません。何度も剃るのは面倒、そんな理由から毛抜きでヒゲ抜きしてしまっている男性が、実はとっても多いんです。確かに、毛抜きでヒゲ抜きすると、髭が生えてくるまでに時間がかかるというメリットがありますよね。ですが、実は、毛抜きでヒゲ...

メンズ脱毛で、脱毛する時に注目したいのはメリットだけではありません。場合によっては脱毛による「毛嚢炎」などデメリットも出てきます。わりと一般的な症状である毛嚢炎について基本をおさえてみましたので、なるべく毛嚢炎にならないようにはじめに対策しておきましょう。毛嚢炎とは?脱毛で起こる場合は?「毛嚢炎」とは「毛包炎」とも呼ばれる皮膚の炎症のことです。症状としてはニキビのような肌にブツブツができる状態です...

男の身だしなみとして毎日欠かせないのがシェービングです。ひげをしっかり剃れているかで見た目の印象は大きく変わりますよね。でも髭剃りをすると悩ましいのがヒゲソリ負けです。ヒゲソリ負けが起きたらどんな対策をしたらいいんでしょう・・?髭剃り後に血止めする方法カミソリ負けができると顔が赤くなったり湿疹ができたり、かゆみがあったり痛かったりと・・とにかく肌が荒れるわけです。ヒゲソリ負けを適当に放置していると...