毛抜きでヒゲ抜くと埋没毛になる!埋没毛にならない方法は?

青ひげ

朝きれいに髭剃りしたはずなのに、夕方には髭が伸びてしまっていることってありませんか?髭が伸びるスピードは人によって様々ですが、早い人だと一日に2回も3回も髭剃りしなければなりません。何度も剃るのは面倒、そんな理由から毛抜きでヒゲ抜きしてしまっている男性が、実はとっても多いんです。

 

確かに、毛抜きでヒゲ抜きすると、髭が生えてくるまでに時間がかかるというメリットがありますよね。ですが、実は、毛抜きでヒゲ抜きすると、肌に大きな負担がかかってしまいますし、髭のトラブルを増加させるリスクがあるんです。

 

毛抜きでのヒゲ抜きで起こる髭のトラブルについて紹介したいと思います。

 

毛抜きって良くないの?髭剃りよりも肌に負担がかかるその理由は?

 

毛抜き 髭

毛抜きでヒゲを引っ張ると、かなり強い痛みを感じませんか?それは、髭は体毛の中でも、一二を争う程毛が太く、しっかりと皮膚にくっついているのが原因です。そんな髭は、ちょっと引っ張っただけではなかなか抜けてくれませんよね。

 

ヒゲ抜きをすると、皮膚も一緒に引っ張られ、髭と共に皮膚の一部がはがれてしまいます。髭剃りも肌の表面を削り取ってしまうので肌への負担が大きいですが、毛抜きで引きちぎられる皮膚はそれよりも深い部分になります。なめらかな皮膚の構造は次第にガタガタになり、髭剃り以上の負担が肌にかかってしまうのです。

 

毛抜きでヒゲ抜きするとできる埋没毛ってどんな状態?埋没毛が出来るメカニズム

 

埋没毛

毛抜きでヒゲ抜きをすると、たまに「皮膚の中に髭が入りこんでしまっている状態」になりますよね。どうしてこんな状態が起こってしまうのでしょうか?

 

毛抜きでヒゲを抜くと、その毛穴にはぽっかりと穴が開いてしまいますよね。空っぽの毛穴からは簡単にばい菌が入ってしまうので、皮膚はなんとか毛穴を防ごうと急成長します。その一方、髭の根元では次の髭が作られてきます。

 

埋没毛

普通は毛穴が閉じる前に髭が伸びてくるのですが、中には髭が伸びてくる前に毛穴が塞がってしまうことがあります。そうすると、髭が皮膚の中に閉じ込められる、埋没毛になってしまうんです。

 

埋没毛がそのまま皮膚を突き破って生えてくるといいのですが、中には皮膚の中でとぐろを巻いてしまったり、斜め向きに生えてきてしまったりする場合があり、太い髭は肌に大きなダメージを与えてしまいます。さらに、毛抜きや針を使って無理やり皮膚を破ったり、髭をほじくってしまうと余計に肌の負担になってしまいます。

 

どうしても皮膚から髭が出て来ないときは、クリニックで見てもらうのが賢明です。

 

どうしても毛抜きでヒゲ抜きしたい…出来るだけ肌に負担をかけない毛抜きの方法は?

 

ヒゲ抜きは出来ることならやめるべきですが、どうしても抜きたい場合は、肌への負担が少ない、正しいヒゲ抜きをするようにしましょう。

 

正しいヒゲ抜き方法

  1. 蒸しタオルを顔に当て、毛穴を開く
  2. 消毒した毛抜きでヒゲをつまみ、髭の生えている方向にまっすぐにヒゲを引っ張って抜く
  3. 抜いた後は冷水や保冷剤で皮膚を冷やして炎症を防ぐ
  4. 毛抜きが終わったらしっかりと保湿する

 

手軽にできると思っていたヒゲ抜きも、正しい方法で行うには準備や手間が多いんです。どうしてもヒゲ抜きをしたい人は、面倒でも、必ず肌に負担をかけないようなヒゲ抜きをしましょうね。

 

ヒゲ抜き自体も肌への負担が大きいですが、埋没毛になるとさらに肌に負担をかけてしまいます。ヒゲ抜きじゃないと髭がすぐに伸びてしまう、毎日髭剃りをするのが面倒と言う人は、一度ヒゲ脱毛を検討してみてもいいかもしれませんね。

よく読まれているページ

髭(ヒゲ)剃りでカミソリ負けしない徹底分析!
髭(ヒゲ)剃りでカミソリ負けしやすい人は、実は何も準備していないでヒゲソリをしている人が多い。準備してからカミソリで髭をそれば、驚くくらいにキレイに髭がそれるようになります。
ひげそりの掃除してる?電気シェーバーのお手入れ(洗浄や注油)
電気シェーバーは忙しい時にも便利ですし、T字カミソリよりも肌を傷めないので便利ですが、ひげそりの掃除方法もちゃんと学ぶ必要があります。またメンテナンスも大事です。その方法についてピックアップしてみました!
髭剃り方法で肌弱い人はカミソリか電気シェーバーがどっち?
髭剃り方法で肌弱い人の選び方を紹介。シェーバーかカミソリなら毎日のヒゲソリはどっちを使うべき?
剛毛なのに肌が弱い!正しい髭剃りシェーバーの選び方とは?
剛毛なのに肌が弱い人におすすめの電気シェーバーは?シェービング剤に対応したタイプのシェーバーを選ぶと、深剃りもできるので剛毛の人でも肌に負担をかけずに髭剃りする方法紹介。
メンズ脱毛施術後の毛嚢炎対策!軽度から重度まで
最近人気のメンズ脱毛ですが、脱毛をすると毛嚢炎という症状が生じることがあります。毛嚢炎とは何か?ヒゲ脱毛する前に知っておくべき!その症状と対策について調べてみました!
ヒゲソリ負けで血が出た!アフターケア教えて
ヒゲソリ負け,カミソリ負けっていろいろな肌ダメージの症状が出てつらいですが、もし起きてしまった時に知っておきたい対処策について基本のポイントをリサーチしました!