男性の方がより深刻な被害が出やすいアトピー性皮膚炎!

男のアトピー肌

現在、アトピー性皮膚炎(アトピー肌)の患者全国に3万5000人以上いるというのはご存知ですか?

 

女性に多いと思われがちなアトピー性皮膚炎ですが、実は美容やお肌のケアに気を使う女性に比べると男性の方がより深刻な被害が出やすいと考えられているのです。

 

アトピー肌といえば小さなころから症状が出るものと思われがちですが、大人になってから症状が出始める「成人型アトピー性皮膚炎」も増加しています。

 

今、皮膚炎のひどい症状は出ていなくも、肌が弱かったり敏感肌だったりと言った肌トラブルをお持ちの男性は要注意!もしかしたらアトピー肌の予備軍かもしれません。

 

そこで気になるのは「アトピー肌になりやすい人にはどんな特徴があるのか」ですよね。

 

そこで今回は

 

1.アトピー肌とは?
2.アトピー肌になりやすい人の特徴は?
3.予防法と改善方法

 

の3つについて解説したいと思います。

肌トラブルに悩む男性のあなた、ぜひ参考になさってください。

 

1.アトピー肌とは?

 

アトピー肌(正式名称はアトピー性皮膚炎)

  • かゆみのある湿疹を持っている
  • 症状がよくなったり悪くなったりを繰り返す
  • アトピー素因を持っている

3つの特徴を持つ人のことを言います。

 

アトピー素因というのは簡単に言うと「アレルギーを起こしやすい体質」のことで、自分や家族がアレルギー性の病気(アトピー性皮膚炎や鼻炎、結膜炎、ぜんそくなど)を持っている場合はアトピー素因を持っているといえるでしょう

 

このアトピー素因というのが次のアトピー肌になりやすい人に非常に大きくかかわってきます。

2.アトピー肌になりやすい人の特徴は?

今現在、>アトピー肌の特徴が現れていない人でも、今後、アトピー肌を発症する可能性は十分にあります。この可能性を高めるのが、実は「敏感肌で肌が荒れている状態」なのです。

 

正常な肌と肌荒れの比較写真

 

ハウスダストや化学物質などがアトピー肌を引き起こす原因として知られていますが、実は「体質の原因」が一番大きな引き金になるといわれています。

 

「体質の原因」とは簡単に言うと「お肌が荒れている」状態のこと。

 

健康なお肌は自然のバリア機能をもち、実は多くのハウスダストや化学物質から体を守ってくれています。しかしお肌が荒れてぼろぼろの状態となると自然のバリア機能は失われ、体の中にどんどん有害物質が侵入してしまうのです。

 

特に、1で紹介したようなアトピー素因を持っていると、体に侵入した有害物質に過剰に反応してしまい、アトピー肌を引き起こしてしまうのです。

 

つまり「敏感肌でお肌が荒れやすい男性」「お肌のケアをしない男性」は、立派なアトピー肌の予備軍になってしまっているのです。

 

では、アトピー肌にならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?3.で具体的な予防策を紹介したいと思います。

3.予防方法と改善方法

ここまでで危機感を募らせている男性の方も多くいらっしゃるかもしれません。ですが、今からでも十分予防をすることができますのでご安心ください。

 

まず大切なのは「敏感肌を放っておかずにお肌のケアをする」ことです。

 

現在、男性用化粧品は薬局でも数多く販売されており、専用のコーナーまで設置されているほどに注目されています。敏感肌専用のスペースもありますので、自分のお肌に合いそうな化粧品を選んでみましょう。

 

お肌のケアをしなくてはいけないのは乾燥しがちなお風呂上りです。気になる部分に化粧水や保湿クリームを塗るだけでお肌のバリア機能を守ることができますので、今日からさっそく始めてみましょう。

まとめ:アトピー肌に完全になりきる前に予防するのが重要!

一度アトピー肌になってしまうと、完治までに時間がかかったり、何度も病院に通わなくてはならなくなってしまいます。予備軍である男性のあなた、アトピー肌になる前にお手軽に始められる予防方法を実践してみましょう。

 

カミソリ要注意!肌荒れ起こす原因はこれ?

人気記事ベスト5