痒い?痛い?赤いブツブツは毛嚢炎かも・・・見分け方や原因をチェック!

ヒゲ剃りや毛抜きなどの自己処理で毛嚢炎になる危険性があるのは知っていますか?

 

毛嚢炎 ヒゲ脱毛で予防

 

毛嚢炎とは、毛穴の奥で毛包という毛根を包んでいる部分に、ブドウ球菌が感染して起こる皮膚の病気のことを言い、特徴はかゆみはなく痛みが出ることがあるというものになります。

 

毛の根元が、小さな白ニキビのような状態になり、赤いブツブツしたもので、これはニキビと勘違いされることが多いけど、毛嚢炎の症状です。

 

毛嚢炎の特徴

  • ほとんどの毛嚢炎にはかゆみがない
  • 毛穴の上に突起状になり真ん中が白くなって膿が出ることもあります。
  • パッと見では赤いブツブツでニキビによく似ていて悪化すると痛い

 

なぜ毛嚢炎になるかというと、菌に繁殖しているのが原因だけど、それ以前に不潔にしていたり、炎症になるくらい肌が弱っているということなんですね。

 

毛嚢炎が、少しの場所にできるだけならほとんど気にすることもなありません。自然に治ってしまうので、あとはなるべく刺激を与えないようにすればだんだん収まっていきます。

 

毛嚢炎になる原因は?

毛嚢炎 永久脱毛

 

毛嚢炎になりやすい肌の状態ってあります。こんなケースがあります。

  • 毛穴が傷ついたとき
  • をたくさんかいたとき
  • 生理の時や不潔にしている状態
  • 食生活の偏りやストレスが多いとき

 

毛嚢炎は基本的に、毛の根元に起こる症状で、見た目は赤ニキビに見えるけど、中心には小さな白い膿があります、白ニキビにも見えます。

 

毛穴より下にある毛を取り囲む組織の浅い部分だけにできることもあれば、皮膚の奥深い構造部にまで及ぶ事もあります。

 

皮膚の衛生状態が悪かったり、慢性の皮膚病がある人、もともと皮膚に感染症があったりすると、毛嚢炎も併発しやすいといいます。

 

また、免疫機能の低下、肥満、加齢でも影響がありますから、体力が弱ってきている人は注意したほうがいいでしょう。

 

毛嚢炎は放置すると広まってしまうことも

毛嚢炎 永久脱毛

 

毛嚢炎は、一時的なものならすぐになおりますが、稀に体中に広まってしまうこともあります。

 

連日続いて、どんどん毛嚢炎ができてしまう場合は、毛嚢炎(毛包炎)ができるきっかけ(首筋や太ももではいつも衣類で肌が刺激を受けていないかどうか、副腎皮質ステロイド薬を必要以上に塗っていないかどうか、など)がまだ残っていないかを考える必要があります。

 

レーザー脱毛後にできる毛嚢炎はすぐに引くことが多い

 

一般的にレーザー脱毛など強い光を肌に浴びて、毛嚢炎になってしまったとよく聞きますが、その場合の毛嚢炎は半日〜1日で治ってしまうことが多いです。

 

しかし、私の知人は脱毛はしていないのに、ある日、ずっとタンスにしまっていたフリース素材のパジャマを着て一晩寝たら、体のあちこちに毛嚢炎ができてしまったという経緯があります。

 

この場合、数日放置していたけど、湿疹がおさまらなかったので、専門の皮膚科に行ってみてもらい、塗り薬をもらいました。やはり、湿疹の量が多いときは早めに病院へ行くのがよいでしょう。

 

それと同時に原因となったと考えらることを早くやめるようにしないといけません。

 

意外なところで、肌に刺激を与えてダメージを受けていることがあります。

 

脱毛が完了すると毛嚢炎になりにくくなる

 

脱毛すると毛は以前よりも生える頻度が減ってくるので、肌が弱い人でも、毎日ヒゲソリしなくても大丈夫になります。

 

そうなると毎日髭剃りで傷つけられていた肌のダメージもなくなり、炎症もなくなり、永久脱毛が完了すれば毛穴もなくなり、結果として衛生的な肌になり、菌も繁殖しにくくなります。毛嚢炎に頻繁になる人は、肌にダメージを与えない、というのが第一条件となってきます。

 

また、人によって、もともと皮膚の代謝が良い人、顔に汗をかきやすい人、そうでない人などいるので、同じ条件なのに、一方の人はいつも肌が弱くて毛嚢炎や吹き出物が沢山でてしまったり、もう一方の人は、肌には表れていなくキレイな人もいます。

 

いつも清潔な状態にするのは大事だけど、様々な場面でも、菌が入りにくい状態にしておくのは、必要です。

 

特に、今できている人は既に悪循環に入っているので、せめてヒゲソリの回数だけでも減る努力しながらお肌ケアをするのがオススメです。

 

カミソリでヒゲソリしてる人へ警告

人気記事ベスト5