もしも脱毛したい部位にニキビがあったら施術できる?

メンズフェイシャル

メンズ脱毛が人気になっていて、手軽に始めやすい金額のヒゲ脱毛プランがよく見られるようになりました。

 

でも、メンズ脱毛にチャレンジしたいと思っても、実際は、肌の炎症により施術が受けられないという人は意外にも多くいるのです。

 

ニキビが顔にある場合に脱毛を受けることはできるでしょうか?メンズTBCのHPを見ながら説明しますので、ぜひ参考にしてください。

 

(もともとアトピー肌ぎみの人や乾癬があるという人ではヒゲ脱毛したせいで、余計に炎症を起こしてしまう人がいますので、心配な人は注意しましょう。)

 

ニキビは肌の炎症

 

メンズTBCでは「肌に炎症がある場合は脱毛できない」「皮膚に異常がある場合はお断りする場合もある」と公式サイトに記載されているように、ニキビの場合も皮膚の病気の一つのため脱毛はできません。

 

ニキビは、炎症をともなったり、重度であれば膿がたまりますし、膿と血が混ざって紫っぽくなる場合もあり、触ると痛みを感じることもありますよね?

 

程度は軽いからといっても、実際に施術をしてしまうとさらに悪化する可能性があるので、いくらニキビの程度が軽くてたいした症状でないとしても基本的にはその部位は脱毛できません。

 

また、「昔のキズ痕がある箇所も脱毛出来ない」とありますので、ニキビ跡の場合でも施術ができない可能性高いです。

 

どうしても脱毛したい場合は、皮膚科専門でまずは相談するか皮膚科で脱毛の対応しているクリニックもあるので、相談するとよいでしょう。

 

湿疹や乾癬や肌荒れでもヒゲ脱毛できない!

 

肌が弱い男性って結構多いです。私もそうで、秋など季節の変わり目に乾癬の症状がでて、首や足などあちこちに赤いただれのようなものができます。当然ヒゲ脱毛したい部位にこの症状があると、施術はできません。

 

メンズフェイシャル

 

しかし、肌が弱い人って、髭剃りするのも刺激になるため、ヒゲ脱毛をしないと毎日髭剃りをするために、毎日肌に刺激を与えてさらに肌荒れを起こしやすくなり、永遠ループのようにヒゲ脱毛ができないままになります。

 

この場合、どうしたらよいと思われますか?2種類の提案ができます^^

 

 

肌の炎症があってヒゲ脱毛したい人におすすめ

  • メンズTBCで肌荒れしている部分以外をニードル脱毛
  • ゴリラクリニックのフェイシャルを受けて治療してから脱毛

 

メンズ脱毛が流行ってきたけどメンズフェイシャルも注目されています。特に肌の調子をあげるために、またヒゲ脱毛がスムーズになるために、併せてメンズフェイシャルを行うというパターンが増えてきます。

 

スキンケアを何もしないより絶対にしておいたほうが肌コンディションが上がり、脱毛しやすくなるし毛が抜けやすくなります(肌代謝がよくなるために)

 

肌が弱い人もフェイシャルを行ってまずは、ニキビ肌を改善するところから始めると意外と早くヒゲ脱毛ができる程度まで治る可能性があります。

 

ゴリラクリニックでは、ヒゲ脱毛とセットでフェイシャルも受けられるのでとってもお得です。時間も30分かからないので、ヒゲ脱毛もする場合は一緒の日に施術してもらえるので、とっても便利です。

 

⇒メディオスターで選ぶヒゲ脱毛の全て!ゴリラクリニックが選ばれる理由を紹介!

 

また、メンズTBCのスーパー脱毛(ニードル脱毛)は基本的に照射して脱毛するのではなく細かい一つずつの毛穴ごとに施術するニードル脱毛です。ニキビの部分を避けてヒゲ脱毛するという技もメンズTBCならではのテクニックですから、他の部分のヒゲ脱毛ができます。