リンクス10回保証パスはお得?ヒゲ脱毛完了後の使い方と特別な脱毛機

リンクスでヒゲ脱毛は10回パスを選ぶべき?5回パスとどっちが良い?

リンクスには、その都度払う「都度払い」コースのほかに、複数回通える「10回保証パス」というプランがあります。

 

リンクスヒゲ脱毛10回パス

 

でもどの部位のひげ脱毛をする時に「10回保証パス」を選んだらいいでしょうか?選ぶといい部位と選ばなくてもいい部位についてチェックしました!

 

ヒゲ脱毛「10回保証パス」のメリットは?

リンクスヒゲ脱毛10回パス

リンクスでヒゲ脱毛する場合、「10回保証パス」を選ぶのにはメリットがあります。例えば鼻下の脱毛でもし都度払いをすると、初回は1,800円ですが、それ以降は毎回4,200円かかります。

 

その場合だと39,600円トータルでかかります。でも10回保証パスなら28,000円なので、11,600円もお得です。

 

さらに保証パスが終了した後の11回目以降の施術は80%OFFの価格で施術を続けられます。ですからある程度通いたい時には10回保証パスはとても便利です。

リンクスのヒゲ脱毛10回パスを選んでほしい脱毛部位とは?

ではヒゲをもししっかり減らしたい場合、どれくらい通う必要があるでしょうか?

 

リンクスヒゲ脱毛10回パス

 

だいたいの目安としては、リンクスのような光脱毛の場合10回〜20回くらいです。こちらはその人の毛の太さや毛量にもよりますが、リンクス渋谷店の店長さんはすごく毛深くて1日2回はヒゲソリをしていたそうですが、12.3回のヒゲ脱毛で永久脱毛ができたということです。そのほかに、メンテナンスで半年に1回施術をしていることで、その状態を保ってるということでした。

 

通常の通う期間は10回パスだと月に1回ペースで10か月〜1年半といった具合で、人によっては2倍近く回数も期間も変わってきます。

 

これはもちろん毛周期のサイクルや個人個人の毛の質や量などいろいろな要素が関係してきますが、一般的にたくさん通わないといけない部位とそれほど通わなくても効果に満足できる部位があります。

 

例えば10回パスが本領を発揮すると言えるのは、特に毛が太くて毛根がしっかりしているヒゲを脱毛する時です。

 

鼻下やあご周りなどは太さがそれなりで毛が密集しているので、やはり10回は見ておいたほうが良い部位でしょう。この場合10回パスを購入する価値があると言えます。

 

ちなみに20代と50代ではひげの太さは50%近く変わることがあります。ですから年齢が4,50代の人の場合はより10回パスにメリットがあるでしょう

リンクスのヒゲ脱毛10回も通わずに毛が少なくなる部位とは?

リンクスヒゲ脱毛10回パス

では鼻下やあご以外の部位はどうでしょうか?

 

例えばほほの毛がそれなりに生えている人がいますが、一般的にヒゲが一番濃いのは「口周り」で「あご下」「ほほ」「のど」と続いていきます。

 

ですからほほヒゲは鼻下やあごほど太くなく細い毛なので、10回も通わなくても毛を薄くしやすいでしょう。

 

またひげではありませんが、体毛で言うと胸毛やスネ毛も細い毛が多い部位です。ですからそれほど回数を通わずに満足できる可能性があります。それぞれ効果に差がありますから、カウンセリングの時に一番コストパフォーマンスの良いプランを教えてくれるように頼むのがポイントとなります。

 

RINX(リンクス)髭脱毛

リンクスの脱毛機は日本人男性のヒゲ脱毛用に独自開発された機器

リンクス 脱毛機

リンクス 脱毛機リンクスが使う脱毛機は2015年から新たに開発したもので、脱毛機メーカーと共同開発した日本人男性の黒い毛に特化した脱毛機です。

 

太くて濃い毛に対しても最大の脱毛アプローチを実現ということで、実際に体験しても、痛みがほとんどなく、それなのに抜ける効果はかなり実感できました。

 

リンクスの最新脱毛機の特徴

  • 剛毛ひげの男性から軟毛ひげの男性まで全ての毛質のヒゲ脱毛対応
  • サファイヤクリスタルを瞬間冷却し脱毛時の痛みを軽減した
  • 肌が弱い人にも安全な脱毛ができる
  • 異なる毛質や肌質に合わせたパーソナル設定機能
  • 定期的なメンテナンスを徹底している
  • コストパフォーマンスの大幅な向上!

 

リンクスはこの最新の脱毛機があるので、早く脱毛効果の高いヒゲ脱毛ができます。光脱毛だから、効果があまり・・なのでは?と疑問に思う人もいるでしょうが、カウンセリングに行って、実際の体験者の方の写真を見たりして聞けばきっと納得するでしょう。

 

希望の人は試し打ちも当日にしてくれるので、よくわかると思います。

 

RINX

page top