すね毛脱毛

「上半身はそんなに毛がないのに、下半身の毛がけっこう濃い」ことはありませんか?

 

そんな場合って、太ももやスネ毛などがコンプレックスになりますね。

 

ハーフパンツも恥ずかしくてはけないし、夏だと長ズボンが暑くて蒸れてしまい、足の毛もほんわかじっとりして気になりますよね。

 

太股の毛の特徴と脱毛方法

 

太ももは体の中でも範囲が広い部位です。

 

太もも脱毛

 

温泉などで毛深い人の足の毛を見ると気付くと思いますが、太ももに生えるムダ毛というのはわりと硬さがあって長さもそれなりに伸びるという特徴があります。

 

またくしゃくしゃした状態になりやすい毛でもあるので不潔感も出てしまうというありがたくない特徴もあります。

 

毛量が多ければムレにもつながってくるし、清潔感を出してさっぱりしたいなら脱毛がオススメですが、範囲が広くなるためツルツルにするには抵抗がある部位なので、リーズナブルに薄く処理できる光脱毛が良いでしょう。

 

メンズ脱毛専門の「リンクス」は、ば太もも脱毛が8回で税込67,000円で処理可能です。しかも9回目以降は通常の8割引きで施術を続けられるので大変おトクになっていますし、ほかのセットプランも併せてコースにするとコストや時間も節約できてお得になります。

 

すね毛脱毛はいくらかかる?RINXやゴリラのスネ毛脱毛費用対効果!

 

すね毛脱毛はどこからどこまで?

 

下半身のムダ毛というとスネ毛も目立つ部位です。夏の時期はハーフのボトムスを履く機械が増えてきますが、そこからのぞくスネ毛が濃ければ周りからひかれてしまう可能性があります。

 

スネ毛脱毛

太もも同様ツルスベにしないまでも、毛量を適度に脱毛して減らすのがオススメです。

 

メンズサロンやクリニックでは、「スネ毛」ではなく「ひざ下」と部位の名前をつけているのが一般的なので、スネ毛脱毛はどこからどこまで?で脱毛のメニューを決めたらいいのか迷いますよね。

 

ひざ下というとひざも含まれると考えやすいですが、サロンやクリニックによりさまざまです。実はひざ下という場合、いわゆる膝小僧は含まれないことがあるので、スネ毛脱毛のメニューを選ぶときに、「ひざ下」と「ひざ」の両方を選ぶ必要があるので注意しましょう。

 

メンズサロンのRINX(リンクス)では、ひざ下を選ぶとひざも含んでメニューに入っていますので、費用も増えなくて済むので安心ですね。

 

RINXの両ひざ下8回パス

  • 標準価格:92000円
  • 初回特別価格:67000円

 

膝(ひざ)毛が濃い原因は?膝(ひざ)毛脱毛の相場は?

 

スネ毛脱毛

太ももやスネ毛の処理は思いついても膝毛の処理はあまり意識しないメンズも多いでしょうが、周りの女性はすごく気にしています。

 

太ももとスネ毛をきれいにしたら、膝は後回しにしないで一緒に脱毛しておくのがおススメです。

 

膝周りの毛が濃くなってしまう理由はいくつか挙げられますが、男性ホルモンの多さが関係していると考えられています。

 

そして男性ホルモンが多いのは一般的に筋肉量が多い人で、下半身は筋肉が特に多い部位ですから、ムダ毛が濃くなると言えるでしょう。

 

もちろん個人差があるので一概には言えませんが、「筋トレし過ぎると毛が濃くなる」としてコントロールしている人もいるほどです。

 

膝の毛が気になる人は膝脱毛がオススメですが、膝とスネ毛がセットになっている場合と膝のみの場合では相場が変わってくるので確認しておきましょう。

 

レーザー脱毛で膝のみなら1回あたり3千円〜7千円ほどをイメージしておくと良いです。

 

すね毛脱毛はいくらかかる?費用対効果!